現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

電話・FAXでのご注文も承っています。

  • お電話でのご注文 059-226-4545
  • FAXでのご注文 059-229-8006

FAX注文用紙ダウンロード

配送先を複数指定される場合
配送先1件毎に配送料がかかります。配送先が複数の場合はファクスか電話でご注文いただきますようお願いいたします。

土・日に注文をされる場合
基本的に翌月曜日の発送になりますのでご了承ください。祝日の場合は翌日になります。

イベント出店受付中!

  • お電話でのお問い合わせ 059-226-4545
  • FAXでのお問い合わせ 059-229-8006
  • メールでのお問い合わせ

イベント出店について
各種イベントで「津ぎょうざ」を販売いたします。出店依頼などお気軽にお問い合わせください。過去の販売実績など詳細はこちら-イベント出店詳細

pen 一冊まるごとおいしい餃子
PEN 2016年 4月15日号 に当社の「津ぎょうざ プレーン」が掲載されました!
PEN 2016年 4月15日号に”一冊まるごとおいしい餃子”と題して、全国のおいしい餃子を大特集しています。
宇都宮餃子はもちろん、東京を中心とした、超有名なぎょうざ点ばかりが載った内容の本になっており、その中で唯一津ぎょうざで、当社が掲載いただきました。

PEN オンラインページ
http://www.pen-online.jp/special/gyoza/nishi/

PENの購入ページはこちら
http://www.pen-online.jp/magazine/pen/pen-403-gyoza/

新着情報RSS

2017年12月27日
年末年始休業のお知らせ
12月28日(木)より1月8日(月)まで年末年始休業とさせていただきます。
※年内(2017年)のご注文受付は12月27日(水)まで
2016年12月26日
年末年始休業のお知らせ
12月28日(水)より1月4日(水)まで年末年始休業とさせていただきます。
※年内(2016年)のご注文受付は12月27日(火)まで
2016年04月21日
PEN 2016年 4月15日号 に当社の「津ぎょうざ プレーン」が掲載されました!
宇都宮餃子はもちろん、東京を中心とした、超有名なぎょうざ点ばかりが載った内容の本になっており、その中で唯一津ぎょうざで、当社が掲載いただきました。
2015年01月05日
松菱の福袋に「津ぎょうざ」の引換券!
津市の松菱にて販売の福袋に「津ぎょうざ」の引換券が入っています。

引換券:1枚につきプレーン1個と交換します。
販売期間:1月10日〜6月末まで
     (土、日、を除く毎日)
交換時間:朝9:00〜13:00

※尚、イベント販売でもご使用いただけます。
また、まつぜん本店での交換の場合 20〜30分お待ちいただくことがあります。
予めご予約を頂くとすぐにお渡し出来ます。
2013年03月28日
津ぎょうざに<海老マヨ>新登場!
プリプリの海老とすり身をベースにさっぱりとした醤油味に仕上げました。そこへ、一口食べるとトロっと溶けだすマヨネーズと、さらに少し紫蘇を入れ、あっさりとしたやめられない味になっています。
今までに無い餃子の味。「まつぜん自信」の一品をぜひ一度ご賞味ください。
2013年02月24日
津ぎょうざの新商品「あんみつ姫」がテレビで紹介されます!
当店の津ぎょうざの新商品「あんみつ姫」がテレビで紹介されます!
2月24日(日)「幸せの黄色い仔犬」午前9時55分~生放送!
生放送内での中継も交えて、津ぎょうざの新商品「あんみつ姫」を紹介いただきます。是非ご覧ください!
津ぎょうざの新商品「あんみつ姫」はこれまでの津ぎょうざとは異なり、スイーツ感覚で味わっていただけるぎょうざです。
2012年12月27日
年末年始休業について
2012年12月27日 〜 2013年1月6日まで休業いたします。
2012年12月25日
メンテナンス終了
メンテナンスが終了いたしました。
お客様により安全にご利用頂くために、セキュリティの強化を行いました。今後とも「津ぎょうざ」をよろしくお願いいたします。

*

津ぎょうざ(プレーン) 冷凍3個入り

販売価格(税込): 910 円

津ぎょうざ(プレーン)

津ぎょうざ(松阪牛)冷凍3個入り

販売価格(税込): 1,230 円

津ぎょうざ(松阪牛)

津ぎょうざ(海老マヨ) 冷凍3個入り

販売価格(税込): 1,230 円

津ぎょうざ(海老マヨ) 

通販で購入いただけます

(株)まつぜんフードサービスでは、通販(通信販売)にて全国のみなさまに津ぎょうざをお召し上がりいただけるようオンラインショップを開設いたしました。おやつ感覚で、またビールなどとご一緒にぜひご賞味ください。

津ぎょうざ(津餃子)とは

津市教育委員会が考案し、1985年から小学校給食で提供開始。一度見たら忘れないインパクトと油で揚げたパリパリの皮&ジューシーな餡のおいしさで、津の子供たちに大人気に。現在までに約5万5千人の津市民に食べられています。津市を元気にしたい!の思いから、発足された津市げんき大学が「津ぎょうざご当地グルメプロジェクト」を企画展開しています。

当店と津ぎょうざ

ある日、「『津まつり』で販売したいので津ぎょうざを作ってくれないか」と1本の電話が。すべてはそこから始まりました。試行錯誤を繰り返し、津げんき大学の担当の方が何度も当社にお越しになり味や形などの厳しいチェックに合格!! そして、平成20年10月の津まつりでデビュー♪ その後も地域物産展、CBCラジオまつり(名古屋市)などの多数のイベントに出展し、各会場で大好評をいただいてきました。

津ぎょうざの定義

  • 大きさは直径15センチの皮を使用 ⇒餃子の実物大画像
  • 調理方法は油で揚げる
  • 中身は各店のオリジナル

まつぜんの津ぎょうざがおいしい秘密

  • 安全安心をモットーに地場産の肉・野菜を使っています。特にお肉は、地元有名生肉店から仕入れています。
  • 中華専門のプロがじっくり時間をかけて、餡を練り上げています。
  • 味のチェックを試食会で行う。
  • 手作り、手包みでひだが細かく包まれているため味が逃げない。
  • 低温でゆっくり、じっくり揚げているから、特製の皮が熟成されさらにおいしく!

『津ぎょうざ(津餃子)』の餡にはおいしさがいっぱい詰まっています!

  • 直径15㎝の特製皮でたくさんの餡を包み、ゆっくり、じっくり揚げました。
  • インパクトのある見た目、パリパリの皮とジューシーな餡の具は新鮮な豚ミンチにシャキッとした玉ねぎが入っています。
  • ひとつひとつが手作り、手包み。
  • 餡にはお肉と野菜が最高のバランスで入っています。ニラとニンニクに含まれる「アリシン」は殺菌作用があり、豚肉の「ビタミンB1」と一緒に食べると「アリチアミン」に変わって疲労回復の効果があります。
  • 新製品の『松阪牛入り ジュワ旨(じゅわうま)』の餡には肉の王様「松阪牛」が煉り込まれ旨さがジュワ~ッと口いっぱいに広がります!

『津ぎょうざ』のおいしくできる調理方法

 【揚げぎょうざ】
  • 凍ったままの津ぎょうざを150~160℃の低温の油で8~10分間ゆっくりと揚げる
 【焼きぎょうざ】
  • フライパンに油を入れ、冷凍のままの津ぎょうざを置く
  • 底の部分に焼き色がついたらぎょうざの半分の高さまで水を入れる
  • フライパンにふたをして、水がなくなるまで強火で蒸し焼きにする
 【電子レンジ】
  • 凍ったままの津ぎょうざを2分間電子レンジにかけ、その後①の要領で2~3分揚げる